夏祭り

東北の夏祭りと言えば……

 

青森の   青森ねぶた祭り

秋田の   秋田竿燈祭り

仙台の   仙台七夕祭り

山形の   山形花笠祭りが有名です

が、なんと東北三大祭りには『山形の花笠祭り』が入りません

PAK85_takonyakiyatai20130824500-thumb-815xauto-4953[1]

東日本大震災の後、東北が一体となり盛り上がろうという動きから『東北六魂祭』が開催されています。

開催地を毎年変えて、全国の方が一気に熱気を感じられるお祭りです。

2014年の開催地は山形県でした。私もこの雰囲気を味わう事ができました。

『山形にこんなに人が来るのを始めて観た!!』というくらいの賑やかさ。都心にいるのか?と思えるくらいの人の多さにびっくりしました。

2015年の開催地は秋田に決定です。今年は秋田が熱いでしょうね。

東北六魂祭は、東日本大震災から4年の歳月が過ぎ、初開催地の仙台を皮切りに盛岡、福島、山形と復興を願う一大イベントとして定着しているようです。

心に深く傷をおった方、多くの方々がまだまだ心の奥に寂しさと、無力感を抱えてそれでも『生きよう』としています。

私たちは平和な日本に産まれ、衣食住もなんの不便も感じずに過ごしてきました。

こんな残酷な事が起きようとは誰が想像したでしょう。

いつまでも平和な暮らしが続く事を信じて暮らしてきました。

『おはよう』『いってらっしゃい』『忘れ物ない?』と普段と変わらない会話が最後になってしまった人たちがどれほど多かったでしょう。数時間後にあれほどの災害が物だけではなく、大切な人までを奪ってしまった深い絶望感。

東北という地は寒い冬を耐え偲びいつか必ずやってくる『春』を希望に生きています。

そんな東北が一つになり、ちょっとでも生きる希望、明日への未来を願い舞い踊る『東北六魂祭』

東北は元気だよ、でも忘れないでね

あの時の事を……..

私たち人間は無くしたことで初めて知る生き物だと思います。

知ることで分かりあえ、大切にしようと教訓にできるのも人間なのでしょう。

日々のなんでもないできごとにも感謝できる心を持ちたいと思います。

昔から受け継がれている夏祭り。子供の頃を思い出しながら ふと気持ちが穏やかになれますよね

N112_yatainoomen-thumb-autox600-14467[1]