温泉

 

011

、ヨーロッパでは『温泉療法』というものがあります。

しっかりとした医師の指示に従って治療を行います。

日本でも一、二週間湯治という文化が今もありますが、保険適用とまではいっていないのが現状です。

 

日本全国に温泉専門士という医師の指示により温泉浴を治療にも含むことが行われていますが、自己負担です。

西洋医学だけでは解決されない様々な病気に対しての代替医療が注目されてきていますが、ヨーロッパと比べるとまだまだ進んでは

いないようですね。

近代医療で言えば、リハビリテーションの充実が整ってきたと感じられますが、このリハビリテーションに温浴を積極的に取り入れ

て、相乗効果を計るものとして今後見直されてくることに期待したいです。

hotel_yubune20150221103906

入浴や飲泉、吸入

入浴はできれば低温に長く浸かることで、代謝がよくなります。

飲泉は空腹時に15m程を毎日飲むと快便など効果の現れる方もいらっしゃいます。

ヨーロッバでは『炭酸泉』での治療が効果的とされていますが、私の所有する源泉もこの『炭酸泉』です。

炭酸泉というとコカコーラの炭酸をイメージしますが、微細になると炭酸の泡が目に見えません。

糖尿病、高血圧、心臓に疾患のある方でも安心して入浴できる泉質は『炭酸泉』です。