甲子園!!

いよいよ今日から甲子園が始まりますねぇ~

清々しい選手達のドラマがまた今年も感動を与えてくれるのでしょうね。

今年は特に猛暑なので、熱中症など水分不足が心配ですが、最後まで諦めない精神力でがんばって欲しいです。

先日テレビを観ていたら、『花巻東高校のある選手』を取り上げていました。

この選手は小さい頃に父親を亡くしていて、お母さんが1人で育てていたのですが四年前の東日本大震災で、そのお母さんの命まで

がもっていかれてしまったそうです。その時彼は中学生。

一番多感なとき一日の出来事を話したり、たまに文句も言ったりできる存在のお母さんが震災で一瞬にして居なくなってしまった現

実。その後親戚の家に預けられ高校生になった彼は岩手県の花巻東高校に進学しました。

今年の夏の甲子園を決める決勝戦。

二点差で負けていて、攻撃のゲーム!!一、二塁とランナーが出ていてバッターボックスに立っていたのはその彼でした。

一球は見逃し。そこで監督に呼ばれこう言われたそうです。『お前、お母さんに甲子園というプレゼント渡したかったんだよな』そ

の一言が彼を奮い立たせてくれたのでしょう。二球目……なんとヒットを打ち、さよなら逆転勝ち!!

お母さんが居たらどんなに喜んだのでしょう?私はその事を思うだけで胸が熱くなり、涙が止まらなくなりました。

同じ年頃の子を持つ母として、どんなにか無念だったでしょう。どんなにか息子の事が心配のまま息を引き取ったことでしょう。

息子の野球を応援したかったことでしょう。一緒に喜びたかったでしょう。当たり前の事が急に当たり前じゃなくなくる。普通の事

がいつの間にか普通じゃなくなる。ずっと一緒だと思っていた人が急にいなくなる。あの時以来、彼はどんなにか不安な夜を過ごし

たことか。彼の成長を一番楽しみにしていたお母さん。彼がしっかりバットを振りチームが優勝し甲子園に出られる事をお母さんは

天国で喜んでいることでしょう。彼の努力と野球を続けてきた事にエールを送ります!!

きっと大人になったら、でっかい気持ちの男に成長できるでしょうね。花巻東頑張れ!!