皮膚疾患

皮膚に疾患がある子供たちが増えているそうです。

病名は『アトピー』現代用語でしょうか?

アレルギーが皮膚に出る病気。呼吸器系のアレルギーは『喘息』となるのでしょうか?

根本的な原因が分かってくれば、治療方法があるのでしょうが…….

塗り薬はステロイド剤。

対処療法でしか治療方法がない現代病。

食物アレルギーの子供も沢山いると聞きますが、全てはお母さんのお腹の中にいるときからだったりします。

犬の皮膚病も増えています。

犬は毒素を吸収しやすく、排泄が難しいのでたまりやすいのでしょうか??

過保護にカットやシャンプー(界面活性剤入り)の原材料に問題があると私は思います。

『経皮毒』

シャンプーや石鹸の選択も重要です。

皮膚から吸収されるものにケミカル(工業用)の物が含まれているとしたら要注意ですね。

危険物質の代表例は『ラウリル硫酸ナトリウム』『PG』赤、黄色緑の色素系

犬や猫ももちろんですが、人間も長く使い続けると色々な弊害が出てくるでしょう。

うちの愛犬も内側の皮膚が弱く、夏場は特に汗を掻き赤くただれてしまいます。

そこに炭酸水素イオンを振りかけてあげると、数分でかさぴたになり白くなってきます。

なるべく薬に頼らず、自然なもので治してあげたいと思うからです。

オーガニック系はお値段は高いですが、できればこういったものを選んで使ったほうが、安心ですね。