癌が真菌説だという投稿です

癌真菌説に対する現役の医師からの投稿

以下は現役の医師からの投稿です

武山先生

2度目のコメントです。現役の医師です。

癌がカンジダ感染症であるという可能性は否定できません。


シモンチーニ先生がその可能性に気付き、重炭酸ナトリウムで真菌に対して対処することにより、自己防衛として出現した腫瘍細

胞が縮小していくという理論だったと思います。

すべての癌がカンジダ感染のため白いと彼は言っておりますが、私は必ずしもそうではないことも知っておりますが、彼の考え方は

否定はしません。

彼が社会的抹殺を受けた経緯は丸山ワクチンにも似ていると思います。

しかし、ほとんどの医師は癌が真菌感染症の可能性があるということは認識していないと思います。

そのような教育は受けていません。癌は遺伝子異常であり、腫瘍増殖抑制遺伝子の異常と学んでいるはずです。したがって医師に確

認をとっても否定しかできないのが現状だと思います。

私は小学生の時に父親を癌で亡くし、主治医から私が大人になるころには癌は撲滅できるといわれていましたが、結果は大ウソで、

増え続ける一方です。


 気付けば医療費は年額34兆円を超え、癌のための研究・医療費で13兆円を超えているのです。

これだけの医療費を費やし、これだけの医療費を癌のために使っていて、結果は世界一の癌大国になりました。

MRIもCTも世界がうらやむほどある国なのにです。

妻の伯父の末期癌、余命3カ月で相談を受け、西洋医学に見切りをつけ補完代替医療という選択肢があることを教えました。

彼は2カ月で見事に克服しました。これには正直私も妻もびっくりです。でも、そのような方が現実にこの世の中にはいるのです。


西洋医学では証明できないので、奇跡と呼ばれます。しかし、治った方は奇跡でも何でもなく、ただ単に自分の自然治癒力が取り

戻った結果治ってしまっただけなのです。

ただ、この自然に治す力というものが科学的に証明できないので、西洋医学以外の医療で末期癌を克服すると非科学的な世界として

煙たがられるのです。

西洋医学はすべて医学的根拠、科学的根拠に基づいて行ってきました。しかし病人は医師が足りないほど増え、癌になる人も癌で死

ぬ人も増え続け、難病も増え続け、医療費も増え続けているという皮肉な結果があります。

その一方で自然に治す力を取り戻した結果、病を克服したら非科学的という世界に閉じ込められます。

予防医療は自然に治す力を維持させること、病人が予防医療を取り入れればその力が取り戻ってきて、その結果勝手に治してくれ

るのです。人間にはそのような力が与えられているのです。

人間には自然治癒力があり健康であれば病気には負けません。

こんな当たり前のことが医師ですら考えていない国が現状のわが国で、病気を見つけたたくことばかり行っているのです。病気の原

因は健康を損ねたことにあるのです。


 しかし、皆の健康管理をしている医師のほとんどは、有機野菜と農薬野菜の違いも知りません。

自然塩と精製塩の違いも知りません。食品添加物の消費量や認可量も知りません。

トランス脂肪酸の害も知りませんし、電磁波や化学物質の環境からの影響も考えません。

そのような医師に健康ゆだねている日本国民が本当にかわいそうでなりません。

大きな権力が国民に気付かれないようにしていると私は感じています

。。重炭酸ナトリウム(重曹)でガンを治療する、しかも治癒率9割以上というとんでもない治療法をイタリアの医師トゥリオ・シ

モンチーニ博士が考案されました。。。

なんとこの治療を行う世界で最初の医療施設「シモンチーニ・ガンセンター」が近々日本にオープンとのことです!

以下が仮設サイトのURLです。。
http://www.chironcology.com/

いつ開設かとかセンターの所在地などの詳細はまだ明らかにされてないんですが、現在のスタッフの連絡先は東京都港区六本木と

なってます。すでに予約は電話とサイトからのメールで受付を開始しているようです。
私ごとなんですが、知人ががんで余命1年とのことをつい先日聞きましてショックを受けておりました。

さっそくこのことを知らせてあげようと思います。