夏の紫外線

 

紫外線について

 

 

紫外線は一年中あるといわれていますが、夏は特に日差しが強く肌を露出したお洋服を着るので

うっかり日焼けしちゃった!っていう経験は誰にでもありますよね

 

 私も息子がサッカーをやっていたので、外にいる時間が長くその『うっかり』をやっていました。

首の辺りが夕方ぐらいになるとヒリヒリとして、お風呂に入った瞬間  いたたっっっっっってい

う具合に

KAZ86_namiuchigiwa500-thumb-815xauto-12013[1]

 

 因みに紫外線はA波B波があるって知ってましたか?

波長という長さのようですが、簡単に言うと肌が赤くなる原因がB波です。

長さ的には短いのですが、紫外線がとっても強いので、人によっては 水脹れになって火傷のように

なる人もいます。

 

特に海でのサンオイルを塗っての全身日焼けしてます!!はとっても危ない行為とも言えますねぇ 

もっと簡単に言うと肌が炎症してしまうのがB波の紫外線という訳です。

海

A波はB波のような強烈な強さという訳ではなく、肌の奥に浸透していまう長さです。

 

女性が特に気になるシミ、しわという肌にとっては一番の大敵がA波が原

 

因という訳です

 

若い女性のガングロっていう言葉も一時期流行っていましたが、あれは日焼けマシー

ンで人工的に肌を黒くさせる赤外線を使用しているので綺麗な小麦肌になりますが、後々シミやシワの原因にもなり

ますね

ここまでくると紫外線はとっても敵!ですが、人間の身体に必要な野菜や穀物はこの太陽のお陰で食されると思えば、

すべてが敵!という訳でもなさそうですよね

人間にはビタミンEも必要なので、適度な日差しも浴びて栄養のある食事を心がけたいものですね。

世の中にはUVカット(紫外線)の商品が沢山ありますが、何かを無くそうとすると必ず弊害もあります。何故紫外線で

お化粧品でカットできるのか?を考えてしまうと、ちょっと怖い気がします

販売されている製品の成分にも目を向けるのも、ちょっとは必要かもしれませんね