重曹泉

重曹『炭酸水素ナトリウム』

『炭酸水素イオン化』されたものという。

日本は火山大国、噴火によって温泉が沸きこの恩恵を受けている私たち日本人ですが、温泉は『疲れを癒す』目的がほとんどです。

温泉に入浴するとその夜はぐっすり眠ることができる!というのは仮説であり、何故深い眠りにつけるのか?と言えば

それは、単純に疲れるからだそうです。

水という分子は小さいので、血管に作用するため温泉に浸かると急に身体中の血液は活発になり、負荷がかかるそうです。

ぬるめのお湯に浸かると、疲れずリラックスできるというのが理想です。

熱めの温泉であれば、半身浴が理想でしょう。肩までどっぷり浸からず身体の半分だけ

そうすることにより、身体に負担をかけずに入浴がリラックス効果をもたらすのでしょうね。

hotel_yubune20150221103906一方、重曹泉はどうか?

こちらは、ぬるめの温泉なので

負荷をかけずに、一時間入浴し続けられる温泉です。

怪我や慢性疲労、皮膚疾患、美肌といった療養の目的で利用されます。

身体の毒素を経皮から排泄するため、入浴された方の喜びの声も多数です。

温泉自体が、これから益々見直され気持ちいいから入浴するだけではなく、

ドイツなどのように、代替医療として活用されると良いのですが…..

結果には必ず、原因があります。その原因を知らずに同じ生活リズムで暮らしても結果は繰り返されます。

食、睡眠、様々に要因に目をむけ、新たな治療法としてこれから重曹泉が注目されるよう私も働きかけたいと思います。

心身のバランスを保ちながら、笑って暮らせる毎日を心がけ、自然体でいる人が1人でも増える事を切に願います。